ひだまりの家の特徴

「産む力、生まれる力を大切にしたい」

お産は、赤ちゃんとお母さんが主役です。私達助産婦は自然で自分らしいお産を迎えるお手伝いをさせていただきます。
ひだまりの家に分娩台はありません。立ったり、座ったり、横になったりと、一番楽な姿勢でリラックスしてお産に臨めるように、ご家族の協力も得ながら最善の配慮をさせていただいてます。そして、女性が子どもを産んで育む大切な時を、家庭だけでなく、地域社会で行っていくことが大切です。産む前も、産んだ後もずっと、助産院は母と子どもが集える場所の一つになり、心と時間をかけた出産と育児ができる場所にしたいと考えています。


産む女性、産まれる赤ちゃん、そのご家族が主役。

助産院では、お産に向けて妊婦健診から密かに関わりを持たせていただいております。お産を通して赤ちゃんと御家族の出会いの時間を大切にし、出産後も子育てやおっぱいなど困った事があればいつでも戻ってくることのできる場所です。


産後のアフターケアが充実していること。

出産後、お母さんや赤ちゃんのことで心配な事や困った事があれば、24時間いつでも対応しています。
また、産褥入院・日中入院もいつでも可能です。


周産期センターに隣接していること。

妊娠中やお産の途中で病院にかかった方が良い場合も、スムーズに対応できます。助産院でお産をしてみたいけど不安だという方も、選択の幅が広がります。


訪問助産ステーションがあること。(自宅訪問)

助産院まで出向くことができない場合も、助産婦がご自宅に訪問して、お母さんや赤ちゃんの様子をうかがいます。


コミュニティの場として、地域とともに歩む助産院。

お産をするためだけの場所ではなく、様々なイベントを通して地域の方々が気軽に立ち寄れるような助産院を目指します。これから妊娠し子育てをしていく方も、子育て真っ最中の方も、子育てが一段落した方も・・・たくさんの出会いを通して、助け合える仲間づくりをすすめていきます。



バックアップ&連携施設

みずまき助産院ひだまりの家では、たくさんの方々に「より自分らしいお産」を迎えていただいております。
病院(最先端医療)や学校(最新の知識)に隣接し連携するといった、他とは少し異なったスタイルの助産院です。



白川 嘉継 助産院ドリームプランナー・福岡新水巻病院・周産期センター センター長

助産院は子どもを産む前に準備をする時、子どもを産む時、生んだ後に子どもを育む時々をその地域で支える場所です。子どもを産み育てる営みは、家庭で母親だけが行うものでなく、地域社会で行うことが大切です。産前産後を通じ、産婦を助け、女性の一生を支えると、子どもは健やかに育ち、次の世代の繁栄が訪れます。
みずまき助産院は母と子が集える場所となり、手間暇をかけたお産と育児とができる場所になりたいと考えています。


渡辺 綱伸 産婦人科部長・周産期センター 副センター長

本来、お産は病ではなく、自然な日常生活の延長の(でもすばらしい)出来事であったのですが、残念ながら病院での出産は悪い意味で西洋化されてしまい、家族みんなが見守る中でのあたたかい感動的な出産が徐々に少なくなってきました。そういう時だからこそ、みずまき助産院 ひだまりの家で妊婦さん主体の感動的なお産を体験されてはいかがでしょう。もし万一の異常事には私の方で万全の対応をさせていただきますので御心配にはおよびません。
みずまき助産院 ひだまりの家での素晴らしい感動の出会いに今から大変期待しております。


施設・設備

敷地内 駐車場7台
隣接する福岡新水巻病院の駐車場もご利用いただけます。



  • ひだまりの家 スマートフォン用サイト
  • ひだまりブログ
  • ひだまりの家Facebook
  • 敷地内 駐車場7台
    (満車時は別駐車場ご案内します。)
    福岡県遠賀郡水巻町立屋敷1丁目
    14-50
    TEL:093-201-7731